語彙不足

きままに読んだ本の感想を書いていきます

マンネリ化する美容室

月1回で近所の美容室に通っているが、そろそろ雰囲気を変えたいなと思い始めた。

 

そうした場合、美容室を変えたほうがいいのだろうが髪を切った日に次の予約を毎回してるためどうしたものかと思案している。

 

美容師さんに次の予約どうされます?と言われたときどう対応したらいいんだろうか

仕事は溢れさせてもいい

今日上司に言われた言葉。

 

しっくりこないが、仕事は溢れたらフォローしてあげるから間違いのないものを積み重ねていって欲しいという願いらしい。

 

粗利益率20%未満という仕事の性質上、失敗を1つすると6個の仕事をこなさないと失敗による損失をカバー出来ない。

 

まあ当たり前だけど、そのことは考えて仕事をしていかないといけないと反省した日でした。

日本再興戦略を読んで

日本再興戦略 著 落合陽一

 

概要

①欧米という言葉を細分化せよ

②東洋への理解を深めよ

③日本流の成長をしよう←脱近代をデザインする

ざっくりいうと上記内容です。

 

所感

何か生かせそうなものはないかと考えましたが、何にも思いつきませんでした。

まだ私は手を動かす量が少ないのでしょうか。自己を顧みる時間が少なすぎるのでしょうか。

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

眉毛の手入れ

男の印象で清潔感がありますが、その1つに眉毛の手入れがありますよね。

 

眉毛の手入れがされてないと全然印象が変わります。(写真は無し)説得力………

 

私は両目の視力がどちらとも0.1以下で眼鏡で普段生活をしています。

眉毛の手入れをするとき眼鏡があると手入れがしにくいですが皆さんどうしているのでしょうか

 

結構困っています。。。

菊と刀を読んで

 菊と刀amazon primで無料で読めるので読んでみた。

 

高校の倫理の教科書に乗るような著名な作品であるが、詳しい内容は知らなかった。

太平洋戦争中にアメリカ人が日本を研究した本で、日本人特有の恥の文化を伝える作品だという程度の知識しかなかった。

 

普段はあまり読まない人類学の書籍だが、非常に面白かったと思った。

学生の頃によく聞いた、日本に海外のシステムだけをそのまま持ち込んでもうまくいかないという理由が感覚的に分かった。

 

日本の対外的な恥の意識は戦時中と変わらず、現代も生きている文化でありその感情を抱くことが悪いわけではない。外国人にとって異質であるために理解できず、気持ちが悪いために?焦点があてられるのだなと思った。

 

日本人が外国人から見てどう見られているかは非常に興味深く、ジャンルでいうと日本文化論というそうだが面白いと思えたので、おすすめがあったら教えてください。

 

菊と刀 (光文社古典新訳文庫)

菊と刀 (光文社古典新訳文庫)

 

 

2019年 夏季休暇の過ごし方

高校野球を見る。

現地に行くもよし、涼しい喫茶店の大きなテレビ画面でワイワイ見るもよし。一人で応援歌を歌いながら見るもよし。

 

②読書

 

ボードゲームカフェに行く

 

④ちょっと遠出

 

 

⑤ウィンドウショッピング

この時期は夏服のセールをしている店舗と秋冬の新作を販売し始めてる店舗があります。

洋服好きにはかなり楽しめる期間だと思われます。

 

⑥ゲームセンターに行く

 

独身男性の行動日記みたいなものでした。

ご参考にでもなればと思います。

目標

ブログ書くことってとても難しいですね。

 

ネタにできるかこれ?とか思って書き始めても書ききる前にやる気が失せてしまう。

 

溜まっていく下書き欄

過ぎていくネタの旬

 

とりあえず書ききることを目標にしよ!

とかなりハードルを落としてみました。

 

という記事でした。